ラグビー熱を冷ますな【サンウルブズ編】

ラグビー熱を冷ますな
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村Embed from Getty Images
スポンサーリンク

スーパーラグビーとは?

ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、日本の5ヶ国から計15チームが参加するラグビーリーグ。(前進はスーパー12やスーパー14と呼ばれていたリーグ)日本の「サンウルブズ」は2016年シーズンから参戦しています。当時、日本代表のヘッドコーチであったエディージョーンズ氏(現イングランド代表ヘッドコーチ)が強力プッシュし加入したのだとか。その後はかなりゴタゴタがあったようで、今年が事実上ラストイヤーとなっています。協会には反対派も多かったようで走り出しから前途多難だったようです。2019年のW杯で日本が大躍進を遂げたのは「サンウルブズ」があったからだと評価されている人も多いだけに残念。やはり強い相手、チームと定期的に試合できるのは大きいです。

サンウルブズの戦績

ここまでのサンウルブズですが、
2016年 1勝13敗1分け
2017年 2勝13敗
2018年 3勝13敗
2019年 2勝14敗
通算8勝と大きく負け越しています。正直、あまり見てこなかったサンウルブズですがラストイヤーという事で開幕戦から応援しています!

サンウルブズのメンバー

Embed from Getty Images

2019年W杯に出場していたようなメンバーは不在ですが、トップリーグからはキャプテンを務める森谷選手(パナソニック)を筆頭に布巻選手やツポウ選手谷田部選手が顔を並べます。最近ではトップリーグのチームを退団してスーパーラグビーに飛び込んできた小倉選手が在籍。近鉄のストーバーグや東京ガスのダウニーなど日本でプレーしているメンバーも。それに加えて現役の大学生が3名います。(卒業待ち2名、在学中1名)特に大学生コンビには注目してます。

SH斎藤直人選手(早稲田大学→サントリー)「荒ぶる」大学選手権を制した早稲田のキャプテン。

Embed from Getty Images

WTBフィフィタ選手(天理大学3年)本来のポジションはCTB。サンウルブズではウイングで起用されています。未来のジャパンを担う逸材。

Embed from Getty Images

CTB中野将伍選手(早稲田大学→サントリー) も大型のセンターです。

今シーズンここまで

1勝2敗開幕戦のレベルズ戦は36-27で見事に勝利!次戦ではチーフスに17-43で敗戦。。
ダミアンマッケンジーかっこ良かった!微笑みの貴公子。

Embed from Getty Images

レッズに64-5と開幕勝利の後、2連敗。この試合もかなり失点してしまいました。長期間かけてチームを作り上げてきている所がほとんどの中、大きくチーム体制が変わるサンウルブズは厳しい戦いを強いられていますが頑張ってもらいたいと思います。

第5節ハリケーンズ戦の試合を次回レポートしたいと思います!
それでは!エンジョイラグビー!

PVアクセスランキング にほんブログ村
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

タイトルとURLをコピーしました